こんにちは!
ちょっと間が空いての更新となりました。
2〜3月は賃貸業では動きが多い時期なので、空室の案内、退去の立会い、原状回復、メンテナンスなど、毎日忙しいという嬉しい日々が続いております^^

さて、今回は杉戸町高野台にある新管理物件のリフォームのデザインを担当させていただきましたので、そちらのご紹介をさせていただきます♪

こちらのお部屋の間取りは2DKで、間取り変更などのリノベーションは行わず、クロスやクッションフロアの張替えのリフォームをすることになりました。
そこで巾木や建具の木部塗装をしアクセントクロスを使用する案、木部塗装はなしの案など、いくつか案をオーナー様に提案し、そこから選んでいただきました。

自分がお部屋の内装をデザインするにあたって、巾木や建具と床の色などを合わせることはマストなので、木部塗装を白色にするならアクセントは○色、床は○色…という様に提案させていただきましたが、この提案の仕方ももっとオーナー様にわかりやすい様にまとめるなどと、日々勉強だなと感じました。

さて本題に戻りますが、今回は既存のダークブラウンの巾木等をそのまま使用するということで、下記のアクセントクロスとクッションフロアを使用しました。

ーアクセントクロスー
*サンゲツ【FE-3960】
入り口正面、室内洗濯機置場一部

FE3960

*サンゲツ【FE-3833】
キッチン

FE3833 sample_FE3833

 

ークッションフロアー
サンゲツ【HM-2029】

HM2029_catalogs_01

 

テーマはタイトルにもしましたが、”あたたかさ”を感じるお部屋です。
こちらが実際に施工した写真です♪

まずはキッチンから♪

villa_202_002

巾木の色と床の色を合わせ、さらに一面をレンガ調のアクセントクロスに。
レンガ調のアクセントクロスも白系〜赤系〜黒系と様々ありますが、周りのクロスとのバランスも考えて【FE-3833】を選びました。
またカタログの写真も参考に、照明も選びました♪

次がオレンジのアクセントクロスを洗濯機置場に使った写真です。

villa_202_004

オレンジは暖かみのある色で周りをパッと明るくしてくれますが、割合が多すぎるとギラギラしてしますので正面の一部だけ。
洗濯機を置いてもオレンジが見えるので、良い差し色になってくれます。

そして最後が入り口正面のアクセントクロスです。

villa_202_003

玄関の扉を開けると鮮やかなオレンジが目に入ります。
さらにキッチンの扉を開けていると写真の様にキッチンのアクセントクロスも見える様になっています。
同じ系統の色で合わせているのでちぐはぐ感も出ていないと思います。

 

こちらのリフォームは実際にオーナー様にも感想をお聞きすることができたのですが、気に入っていただけた様で大変嬉しかったです^^
他のお部屋と比べても印象が180度違うと言ってもいいほど違うので、他の部屋とも見比べてもらっても面白いかと思います。

villa_202_001

和室も照明をおしゃれにしたりもしています!

villa_202_005

センスの良いオーナー様が設置してくださいました♪

時期的なものもあるかもしれませんが、アクセントクロスなどを取り入れたお部屋が続々と決まっていっていますので、こちらのお部屋も早く決まることでしょう!

以上、リフォームのご紹介でした^^

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

kitamuracorp
kitamuracorp
さいたま市大宮区を拠点に東京・埼玉・千葉西部、栃木南部のエリアの不動産管理及び収益物件の仲介及び売買を行っております。