当社では、管理物件の空室は空室期間に応じて色分けして管理しています。

今日は一定期間空室が続く管理物件の空室対策会議を行い、空室が続く原因を洗い出し、様々な入居促進案を出し合いました。

今後、入居促進案の優先順位をつけ、オーナー様に提案していく予定です。

人口が減少していく中で、賃貸経営は難しくなっていく方向ではありますが、それでも少し工夫することで他の物件と差別化できることはまだまだありますので、どんどん空室は埋めていきます。

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

kitamuracorp
kitamuracorp
さいたま市大宮区を拠点に東京・埼玉・千葉西部、栃木南部のエリアの不動産管理及び収益物件の仲介及び売買を行っております。