アパートやシェアハウス等の賃貸管理・売買・仲介専門の不動産会社です。

賃貸管理のご相談


banner_600

我々は満室の人気賃貸物件には興味がありません。

空室を埋めることが我々の喜びです!

bannar_side_001

不動産管理会社はどこでも同じではありません。

  1. 空室がいつまでも続いている。
  2. 管理会社からの空室対策の提案が何もない。
  3. 入居者からクレームが出ているのに対応が遅い。
  4. 築年数が古いので管理を断られた。
  5. 原状回復費用が高い、指定のリフォームを勝手にやられてしまう。
  6. 管理費以外にも固定費がかかる。
  7. 管理費無料という広告だったが、管理費以外の経費がものすごくかかってしまった。

以上の項目で一つでも当てはまるものはないでしょうか?

現在、日本全国の賃貸物件の空室率平均は約20%です。当社の所在地である埼玉県においても18.8%というデータがHOME’Sから発表されています。

そんな中、当社の空室率は平均5%前後です。

当社の管理物件の平均築年数は、29年です。

しかも、当社の管理させていただいている物件の多くは昭和築の木造物件で、築年数の新しい物件と比べて、入居者を見つけるが少々難しい物件です。

pm_img02 pm_img01 pm_img04 pm_img03

さらに当社の対応エリアは、埼玉県内だけでなく、東京、千葉県西部、栃木県南部、茨城県の一部という広い範囲にてほぼ同様のパフォーマンスとなっています。

当社は、駅前に店舗がある訳ではありませんが、このような約95%という入居率を継続しています。

これは、市場調査、賃貸会社が客付けしやすい賃貸図面作り、賃貸会社への客付け依頼の営業、空室が一定期間続いた場合の空室対策、インターネットの活用等を徹底して行っているためと我々は考えています。

そして、我々は入居率95%で満足している訳ではありません。

入居者が退去してから1日でも早く内覧及び客付けできるよう、退去する前から広告を開始し、原状回復工事を速やかに行うことで、限りなく入居率100%になるよう日々努力しています。

また、当社代表の北村が、6つの賃貸物件をサラリーマン時代に購入し、現在は当社で管理していますが、オーナーとしての視点で物件を見ているため、空室が大嫌いで日々厳しく入居状況(空室物件)をチェックし空室対策を行っていることも、当社の入居率に起因していると言えるでしょう。

現在の管理会社に不満のある方は、どうぞお気軽にご相談ください。

担当:村中、阿部

当社の賃貸管理の内容につきましては、こちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク


ログイン状態

ログインしていません。
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 有限会社キタムラコーポレーション All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.