こんにちは!
最近は朝と夜の気温差が大きくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

しかしながら以前よりも雨の確率も減り、一安心です。

そんな先週は物件巡りに出かけていた日が多かった一週間です。
地図を片手にひたすらマンション・アパートを巡るのですが、地図を読むことになれない私はとても手際が悪い、悪い…
決して方向音痴というわけでもないのでなんとかなるのですが、一瞬でも目を離すと自分がどこにいるのかわからなくなってしまいます。笑

最初はお散歩感覚で楽しいのですが、さすがに5時間も歩きっぱなしだと足も痛い。笑
そして築年数が経っていそうなものをメインに見ていくのですが、大宮区の一部だけでも200件ほどありました。
写真を撮りながら管理を獲得できそうな物件に印をつけ、当社で毎月発行している情報誌をお送りさせていただきます。

articles_002 articles_001

そして気づいたのは、空室のある物件にはそれなりの理由が見てわかるということ。

小さいことで言えば、電球が切れていたり、共用部分が汚かったり。
全体を見て言うと階段部分の塗装がボロボロだったりと、まるで廃墟のような物件も。
見るとポストにはガムテープ。空室のサインですね。
謄本で調べてみると意外と築年数が経っていても、パッと見は新しめに見えるくらい外観の塗装をやり直していたりと、オーナーさんのやる気も伺えます。

私の自宅も賃貸ですが、一度電話したにも関わらず共用灯が切れていたり、木が生えっぱなしと管理会社は何もしていないんだな、と思うことがあります。
この辺りでは大手な管理会社なだけにとても残念です…

さて話は戻りまして、キタムラコーポレーションの他者との違いは入居率なのですが、平均95%って他と同じでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、築年数が経っている物件でも同じというところがポイントです!
当社の管理物件の平均築年数は29年ですからね。

もしご自身がお持ちの物件が築年数が経っていて、長らく空室がある…

そんな方は是非一度ご相談ください!
お待ちしております^^

 

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

kitamuracorp
kitamuracorp
さいたま市大宮区を拠点に東京・埼玉・千葉西部、栃木南部のエリアの不動産管理及び収益物件の仲介及び売買を行っております。