宅建業法で今まで対面での説明が義務づけられていた重要事項説明ですが、来月10月1日よりやっとIT重説が解禁になりました(いわゆるスカイプ等を用いたWEB上での契約のやり取りです)。

今日は社内研修で、そのIT重説についての注意すべき点の最終確認やロールプレイングを行い、IT重説の準備が整いました。

これで、10月1日以降、お客様が希望すれば全国対応可能です。当社はシェアハウスの運営で、海外のお客様や国内でも遠方からのお問い合わせがしばしばありましたが、今までは法律上必ず当社まで来ていただいてから重要事項説明を含めた賃貸借契約を行って来ました。しかし、今後は遠方のお客様でもスカイプやappear.in 等を活用しての賃貸借契約のやりとりが可能となり利便性がアップしました。

さらに今後は、スマートキーを用いることで、仲介業者が不在の無人案内も進んでいくと思われますので、我々も導入してIT化を加速させていきたいと思います。

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

kitamuracorp
kitamuracorp
さいたま市大宮区を拠点に東京・埼玉・千葉西部、栃木南部のエリアの不動産管理及び収益物件の仲介及び売買を行っております。