リフォームの仕事が増えてきたので、解体工事などで発生した建材や設備のゴミの処理のため産廃屋さんにお世話になることが増えてきました。

今回、事務所の周りがガラクタで覆われてしまっていたので、私も手伝いに行きました。

現場は会話ができないほどクレーン車の作業音が大きく活動的であり、また、間近まで迫りくるそれははダイナミックで迫力があります。

そして、慣れた手つきのクレーンさばきでわが軽トラのガラクタを、あっという間に直接荷台からひきづりおろし、ものの数十秒で処理は終わりました。

その後会計を済ませ、無料で缶ジュースがいただけるので私は紅茶をケースから取り出しましたが、気がつくと同行したスタッフはちゃっかり2本も持っていました。。

私も次回は2本もらおう。

 

 

スポンサーサイト



投稿者プロフィール

kitamuracorp
kitamuracorp
さいたま市大宮区を拠点に東京・埼玉・千葉西部、栃木南部のエリアの不動産管理及び収益物件の仲介及び売買を行っております。