こんばんは。なぜかワクワクして眠くありませんので、久しぶりに投稿します。

先日仕入れた築古戸建ですが、”やっぱりいい物件は自社で買っちゃうんでしょう〜!” と言われそうなので、紹介しなかった理由をあげてみます。

理由1:昭和30年代の築古物件。窓ガラスが無かったり、ベランダはサビサビで崩れそうだし、ひさしは腐って落ちそう。

理由2:接面道路に持分がない。他の方が所有している道路を通路として使わさせていただきます。再建築は可能ですが、融資もつきにくい。

理由3:上水道が隣地を通っている。水道管が破裂等したら、隣地の方のご協力のもと掘削等させていただきます。

このような物件を欲しいと思う方は、地続きの方か、かなりのベテラン投資家さんくらいでしょうか。もちろん、リフォーム費用も相当かかると思われます。

しかし、内見した際に、なんとも言えない純和風な旅館を彷彿させるレトロ感が、とてもお宝に感じてしまったのです。

 

そして今回は、勉強の意味も含め、なるべく社内スタッフでリフォームして賃貸物件として復活させてみようと思っています。

今の時点では、一人で入るのは雰囲気的に怖いのですが、、少しずつ怖くない雰囲気にしていこうと思います。

そして、今のところ使い道としてはシェアハウス検討しています。

 

そして、戸建の需要は高いというのを証明する材料の一つとしても、このレトロ物件を再生させてみたいと思っています。

スポンサーサイト



投稿者プロフィール

kitamuracorp
kitamuracorp
さいたま市大宮区を拠点に東京・埼玉・千葉西部、栃木南部のエリアの不動産管理及び収益物件の仲介及び売買を行っております。