こんにちは。

 

昨年からレオパレス21の施工不良に続き、大和ハウスの建築基準不適合物件と大手の不祥事が続いて発覚していますね。

 

レオパレス21は工事の為に引っ越しを余儀なくされた方も多く、引っ越しシーズンで物件が少なくなる時期に大変な思いをした人がたくさんいらっしゃいました。

 

当社の管理物件に入居された方の中にも該当者がいらっしゃいまして、とにかくすぐにでも引っ越しができるように契約日を早くして欲しいと、仲介業者の方も大変そうでした。

 

 

さて、今回大和ハウスで発覚した、2078棟が建築基準に適合しないという問題。

 

防火性が十分でない

 

柱を基準と異なる仕様で施工

 

建物の基礎が国の認定に適合していない

 

とんでもない話です。

 

レオパレス21に比べたら件数は少ないですが、そういった問題ではありませんよね。

 

実のところ、私自身が現在居住しているアパートも大和ハウスの物件です。

 

個人的には、大和ハウスの物件は気密性が高く、寒い冬でも自宅に入れば暖かい(2階なので特に)し、浴室や洗面所も使い勝手を考えられていて好きだったので、正直とても残念でした。

 

さらに2010年8月完成の物件なので、ちょうど今回の問題となった期間に入るか入らないかとの微妙な時期。

 

ニュースでは連日報道されているけれど、大和ハウス(ダイワリビングなどの管理会社も含む)からの連絡もなし。。。💦

 

あまりに気になってしまったので、この騒動の対応に追われている時期で申し訳ないという気持ちもありつつ、入居者専用アプリから連絡🙇‍♀️

 

朝10時くらいに連絡をして16時頃にお電話でご連絡をいただきました。

 

とりあえず自分の物件は該当しないとのことで一安心😅

 

大手でも対応がきちんとしているなと感じたのは、まず問題がないことを伝えて安心させるということに加えて、不安にさせてしまったこと、入居者への通知が遅れていることへの謝罪をしていたこと。

 

今回この騒動で、内部告発からの本格的調査が始まるまでの大和ハウスの対応など、色々と別で問題視されていることはありますが、一番お客様から問い合わせがあるであろう立場の人間が正しい対応ができる点については評価してもいいのでは、という風に感じます。

 

レオパレス21と比較すると、大和ハウスの不適合物件は入居したまま工事が行えるということで、急に引っ越しをしなければいけないという人がいない(現時点では)のが、不幸中の幸いでしょうか。

 

これを機に建築会社にはきちんと施工を行って欲しいのと、まだ隠れている同様の物件たちが見つかって、しっかりとオーナー様達が正しい価値の物件を保有できるようになって欲しいです。

 

 

もしかしたら自分が不適合物件に・・・!?

 

という状況でしたので、実際に大和ハウス物件に住んでいる私がこの問題について少し触れてみました😌

この問題が早く解決しますように❗️

 

阿部

スポンサーサイト



投稿者プロフィール

阿部
阿部
出身地:宮城県石巻市
生年月日:1990.10.25(27)
シェアハウスBONBON大宮の担当。
フィリピンでの1年2ヶ月間の語学留学経験あり。多少の日常会話であれば英語での対応が可能。
趣味は料理・旅行。現在密かにバリ旅行を企んでいる。